黒板について

良い黒板とは

黒板について

UD黒板1

良い黒板の3条件

良い黒板の3条件とは、「書きやすい」「見えやすい」「消しやすい」が揃ってこそ良い黒板と呼ぶことができます。
監修「全国黒板工業連盟」・・・教本「黒板のお話し」より抜粋

1、書きやすい

使用する人にとって「書きやすさ」は、大切な条件の1つです
チョークがすべりすぎたり、余分な力を必要とするようでは、良い黒板とはいえません。適度な表面の粗さは光沢を防ぐためばかりでなく、書きやすさのためにも必要です。

2、見やすい

書かれた文字をくっきりと浮かび上がらせ、光らない、ということが見やすい黒板の条件です。そして「見やすさ」の中には、「目を疲れさせない・不快感を与えない」という大切な条件も含まれています。
黒板の色や材質も大きな要素ですが、採光・照明・チョークの色・黒板の年数なども大きく左右されますので、見やすくするための環境づくりも大切です。

3、消しやすい

手軽くきれいに消せることも、良い黒板の大切な条件です。
きれいに消せない黒板は、文字を見えにくくします。この条件として、表面の粗さや静電気発生のため消しにくいこともあります。また黒板消しが早く消耗するしないの判定の要素といえなくもありません。

この3条件をクリアのために

古くなった黒板は書いたチョーク文字がきれいにのらず、書いた文字も薄く、光沢などで見づらいものになってしまい授業への影響も出てしまいます。
古くなった黒板はできるだけ早く交換やメンテナンスを行ってください。

(株)ライト黒板製作所では様々なサイズ・仕様の黒板を製作しています。交換やメンテナンスなども行っています。2018/06/14

Tel

078-985-11599:00 ~ 17:30

(年末年始、盆休、土・日・祝日は休業)

Fax

078-985-115824時間受付

この事例をシェアする

Facebook

Twitter